ニュース

GAPファンドの応募を締め切りました

7月12日でIdP 2021年度のGAPファンドの応募を締め切りました。沢山の応募を有り難うございました。

GAPファンドとは

SCORE大学推進型(拠点都市環境整備型)のGAPファンドは、令和2年7月に内閣府が選定した「スタートアップ・エコシステム拠点都市」における取組と連携するプログラムです。イノベーションデザイン・プラットフォーム(IdP)は、スタートアップエコシステム・東京コンソーシアムに参画する4大学(東京工業大学、慶應義塾大学、東京医科歯科大学、東京大学)によって立ち上げられ、コンソーシアム内の様々な外部協力機関や他のプラットフォームとともに、東京を中心とする地域におけるグローバルなスタートアップ・エコシステムの育成・醸成を目指します。

本公募においては、プラットフォームに参加する大学の革新的技術シーズを基にグローバル市場を目指す大学等発ベンチャーやSDGsの達成にも資する社会的インパクトの高い大学等発ベンチャーを創出するため、研究開発課題の募集をいたします。採択された研究課題には、研究開発費(GAPファンド)が支給され、プラットフォームが設置する事業シーズ探索委員会(SDC)のサポートの下、起業や次のステージの研究開発資金獲得を目指し、活動することとなります。

なお、本プログラムは、東京コンソーシアム内でのプラットフォーム連携の観点から、同じく東京コンソーシアム内に立ち上げられた横浜プラットフォーム(横浜P)と協働して実施することとしますので、横浜プラットフォームに参画する共同機関の大学も応募の対象となります。